うつ病の原因を徹底解説|自分の心をしっかり守ろう

根本的な解決を

カウンセリング

誰でもなる可能性がある

うつ病の原因は人によって様々です。しかし誰もがかかる病気でもあると自覚しておきましょう。そしてうつ病の原因は心が弱いからという考え方は捨てる必要があります。今は医学の発展によりうつ病もかなり世の中に浸透してきた病気です。原因がなんであれ、周りの配慮が必要ということもしっかり頭に入れておくのが好ましいです。うつ病の原因は大きく二つに分けられます。まずは環境による発症です。親しい人やペットなどが亡くなってしまった、家庭内外の人間関係のトラブルは特に多くの人が経験することです。他には多額の借金を抱えてしまった、環境の変化も挙げられます。幼少期からの愛情不足が後々影響してくることもあると言われています。もう一つは心身的な問題を抱えていて、それがうつ病の原因になるパターンです。常に癒えない疲労を感じていたり、大病を患ったりすることによる精神的ショックが多いでしょう。ホルモンバランスの乱れもよく言われるうつ病の原因の一つです。これらに絶対当てはまらないという人は少ないでしょう。しかし発症する人と、しない人がいるのも事実です。絶対とは言えませんが一般的にうつ病になりやすいタイプの人はこれらの原因をすごく深刻に受け止めてしまいがちです。真面目で責任感の日良い人、周りからの信頼が厚い人と一見したら病気とは無縁の人が実は発症のリスクを多く抱えがちです。完璧主義者の人もうつ病になりやすいとされており、うつ病の原因にあまりにも真剣に向き合ってしまうことが発症のきっかけになるという考えもあります。このように何が原因になるかは人それぞれです。しかし知識として持っているだけで随分と世界が変わって見えてきます。ちょっと辛い事情を抱えているのかなと感じた時に直接病気を指摘するのではなく、その原因となっているものを取り除いたり優しい声を掛けたりは誰にでもできることです。うつ病は心の風邪と言われ、勘違いされやすいですが決してその人自身が弱い人間だからなっているわけではありません。そして甘えでなっている訳でもありません。その辺りを正しく理解していると周りの人が病気になった時、自分がそうかもしれないと感じた時とても役に立ちます。

Back to Top