うつ病の原因を徹底解説|自分の心をしっかり守ろう

過度なストレス

医者

きっかけと対処法

うつ病は精神病とひとくくりにされがちですが、様々な原因が複雑に絡み合って、発症するもので、そのきっかけも症状も千差万別です。とても、デリケートな病気のため、適切な治療と、周りの人々の理解が大切になってきます。また、うつ病は、その治るまでの過程も人それぞれで、症状に改善が見られても、また、振り出しに戻ってしまうというケースもあり、扱いの難しいものです。また、うつ病は怪我などとは違い、一見しただけでは中々分からないので、他人に理解してもらえず苦しむ患者が多いという側面もあります。うつ病の原因には、どのようなものがあるのでしょうか。一般的には、過度のストレスがきっかけになって発症するものと考えられています。対人関係のストレスや、引越しや仕事などの環境の変化によるストレスなどです。離婚やリストラなど、ネガティブな出来事が原因になることはもちろんですが、結婚や昇進など、嬉しい出来事がうつ病の原因になる場合もあるようです。また、女性であれば、妊娠や出産などに伴う身体の大きな変化や月経なども原因となります。その他、病気や身近な人の死などが原因になることは言うまでもありません。うつ病になりやすいタイプという見方もあります。多いのは、真面目で責任感の強い人などです。このタイプの人は、周りからも信頼されているため、自分の許容範囲を超えて、なにかを頑張ってしまいがちです。それが、過度のストレスとなってしまうのです。また、常に他人から自分がどう見られているのかを気にする人も要注意です。イライラしたり、不安感が拭えなかったりなど、生活に無気力などの症状が見られるようでしたら、うつ病の可能性もあります。それらのサインを見落とさず、早めに一度受診することをおすすめします。薬による治療で、症状の改善を図ることもできます。人によっては、長期間の闘病になるかもしれませんが、基本的には、症状の緩和に努める期間と、安定した状態を維持する期間を経て、少しずつ、日常生活に戻っていけるようなケアを受けることになります。カウンセリングと投薬のバランスを上手く取りながら、ゆっくり焦らず、うつ病に向き合っていきましょう。

Back to Top