うつ病の原因を徹底解説|自分の心をしっかり守ろう

精神病に掛かったら

悩む人

病気の特徴と病院選び

うつ病は、最も厄介な精神病と言われており、20年ほど前と比べると、患者数が倍以上になっていることがわかります。うつ病になってしまう原因は未だに解明されていませんが、様々なタイプのストレスが原因の1つと考えられています。大まかに分類すると、「精神的ストレス」、「構造的ストレス」、「科学的ストレス」、「環境的ストレス」の4つです。どれか1つでも過剰に蓄積されると、うつ病になってしまう原因になるので、普段から気をつけて生活を送らなければいけません。精神的ストレスは、最も身近なストレスと言われており、仕事や普段の生活で嫌な気持ちになることで蓄積されていきます。生きて行く上で避けられないストレスなので、なるべく溜めないように気をつけるしか方法が無く、ストレスでうつ病になる最も多い原因とされています。構造的ストレスは、体の骨や筋肉の歪みが脳に伝達されて蓄積されるストレスで、年齢を重ねるごとに溜まりやすくなります。構造的ストレスは、他のストレスと違い、何もしなくても自然に蓄積されるため、予防が困難と言われています。科学的ストレスは、人体に必要な栄養を過剰に摂取することや、不足し過ぎた時に蓄積されるストレスで、普段から健全な生活を送っていれば防ぐことが可能です。環境的ストレスとは、気温や湿度の変化で蓄積されるストレスで、暑過ぎる場所や寒過ぎる場所で生活をしていると溜まっていきます。普段から温度や湿度の管理をしっかり行いながら生活をしていれば問題無いので、予防はそこまで難しくありません。うつ病になてしまう原因をある程度把握していても発症する可能性はあるので、万が一うつ病に掛かってしまった時にどうすれば良いか覚えておきましょう。自然に治癒することはないので、もし発症したらすぐに心療内科など、専門の医師がいる病院に行って診断を受けて下さい。病院は、心療内科、精神内科、メンタルクリニックの何れかで、通いやすい場所に位置しているかどうかを基準に考えましょう。又、病院名がわかっていれば、インターネットなどで評判をしっかりチェックし、優秀な医師がいるかどうかも調べておいた方が良いでしょう。

Back to Top